2019年 8月 18日 (日)

日本在住の留学生「同じ中国人として恥ずかしい」 世界中で起きた「iPhone6」転売大騒動

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米アップルの「アイフォーン(iPhone)6」「6 Plus」が発売された。東京・銀座のアップルストアをはじめ、国内では発売前から徹夜組を含む多くの人が行列を作り、今年も「フィーバー」は過熱気味だった。

   ただ今回は、大勢の中国人客が店に押し寄せたのが目立った。日本に限らず米国や香港でも同じ現象が起きたが、ある共通の「目的」があったようだ。

英語を解しない中国系の年配女性が行列の先頭

発売当日は大勢の中国人が並んだ
発売当日は大勢の中国人が並んだ

   銀座のアップルストアでの騒動は、2014年9月22日に「とくダネ!」(フジテレビ系)が詳しく報じた。販売が始まると、番組取材班は店の近くに停車中の車のトランクに、新品のiPhoneの箱が山積みとなっているのを発見した。慌てて閉める中国人に取材を試みるが、中国語で「時間がない」を繰り返して拒否。だがカメラはその後、再び車に集まってきた人たちが何か「やり取り」している姿を映していた。

   どうやら購入したばかりのiPhoneを業者に転売していたようだ。別の車の窓には「6 Plus」を「高値で買い取ります」の張り紙があった。容量が128GBモデルの価格は14万円とある。定価が税込で10万7784円なので、3万円強の利益を得られる計算だ。求められているのは、通信業者を問わない「SIMフリー版」。日本で購入した端末を、そのまま中国で使用できる。

   現時点で、中国での新型iPhoneの発売は未定。金銭的に余裕があり、一刻も早くiPhoneを手に入れたい中国人なら、多少金額が高くても買うだろうとの見立てだ。アップルは、転売目的の購入を認めていない。それでも「需要」が旺盛とみたのか、過去のiPhone発売時にはあまり起きなかった「中国人大行列」となったのだろう。

   同じような騒ぎは、日本以外でも起きていた。特に目立ったのが、米ニューヨーク。その様子を写した動画が、ユーチューブ上で公開されている。

   米映像カメラマンのケーシー・ネイスタット氏は、iPhone発売前日の2014年9月18日から丸1日に渡り、マンハッタン・ソーホー地区にあるアップルストアの行列を撮影した。先頭は中国系の年配女性で、英語で話しかけられてもほとんど解しない。ほかにも大勢の中国人が並ぶ。通訳を介して中国語で質問するが、誰ひとり「転売目的」とは口にしなかった。

   夜中になると、路上で寝る人が続出して警官に「歩道からはみ出すな」と注意されたり、飲食後のゴミがあちこちに散乱したりする様子が映し出された。何が原因なのか、あちこちで中国語の口論が発生。さらに女性が暴れて警官に拘束されるシーンもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中