2019年 11月 21日 (木)

「タニタ食堂」が国境越えた 中国・瀋陽に海外1号店

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   健康機器メーカー「タニタ」は2014年9月22日、中国に「タニタ食堂」をオープンさせた。

   肥満が社会問題化するなど健康への意識が高まっている中国で、タニタ食堂の低カロリーメニューは受け入れられるだろうか。

多店舗展開へとつなげる考え

中国でも行列ができるのか(写真は「丸の内タニタ食堂」。12年1月撮影)
中国でも行列ができるのか(写真は「丸の内タニタ食堂」。12年1月撮影)

   タニタの社員食堂がメディアに登場して話題となり、レシピ本がヒットするなどしたのを受けて2012年1月に東京にオープンした「丸の内タニタ食堂」。ランチ時にはサラリーマンや主婦らが行列を作るほどの人気を誇っており、今では病院内にもオープンするなど複数の店舗を展開しているが、海外出店は今回の中国が初となる。

   海外1号店がオープンしたのは、中国・瀋陽のITソリューション・サービスプロバイダーの「Neusoftコーポレーション」の本社。席数120の社員食堂として、日本とほぼ同じレシピで500キロカロリー前後の5種類の定食を日替わりで提供している。1食18元(約314円)で、「これからレパートリーを増やしていく予定」(タニタ)だという。

   内装も丸の内タニタ食堂のデザインを踏襲しているが、カフェコーナーを設けるなど独自のアレンジも加えられた。

   体組成計を設置し専門家が計測結果を基に社員に健康アドバイスを行うカウンセリングルームもある。タニタは「日本で得た健康食のノウハウを中国の皆さんの健康に役立てたい」(谷田千里社長)としており、ここの社員の健康改善で実績を積み、中国での多店舗展開へとつなげる考えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中