2018年 10月 23日 (火)

再生エネルギーの新規契約の中断、電力5社に拡大 10月から

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   北海道電力、東北電力、四国電力の3社は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に基づく太陽光発電などの電力の新規受け入れを、2014年10月1日から当面中断する。3社は9月30日に開かれた経済産業省・新エネルギー小委員会で明らかにした。

   すでに沖縄電力は8月上旬から、九州電力は9月25日から中断しており、これで再生エネルギーの受け入れを中断した電力会社は5社になった。ただ、沖縄電力を除き、一般家庭からの電力買い取りは従来どおり継続する。

   中断の理由については、いずれの電力会社も、計画中の太陽光発電事業をすべて受け入れると管内の電力需要を上回り、電力供給が不安定になることで停電などのトラブルを引き起こす可能性があるため、としている。

   経済産業省も対策に乗り出している。

   小委員会の審議では、14年6月までにFIT制度の認定を受けた再生可能エネルギー事業がすべて運転開始した場合、電気料金に上乗せされている再生エネルギー電力の買い取り費用が年間2兆7018億円に達し、平均的な世帯の負担額が現状の月額225円から935円に増加するとの試算も明らかになった。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...