2019年 12月 10日 (火)

「下仁田ネギ」小渕氏はだれに配ったのか 中曽根元首相は税調メンバーや作家に

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   小渕優子経済産業相は政治団体が後援会関係者向けに開いた観劇会の収支が大きく食い違っていた点が致命傷になって大臣辞任に追い込まれた。だが、小渕氏が追及を受けている問題は、政治資金でベビー用品やストール、著名デザイナーズブランド、地元特産の「下仁田ネギ」など多岐にわたる。

   下仁田ネギは高級品と知られ、贈答品としても重宝されている。他の群馬出身の政治家も、数十年前から大量に配っていたようだ。

「殿様ネギ」「献上ネギ」とも呼ばれる高級品

   下仁田ネギは、江戸時代に旗本から「ネギ200本至急送れ、運送代はいくらかかってもよい」などと注文があったことから、「殿様ネギ」「献上ネギ」とも呼ばれる高級品だ。

   今回の問題では、小渕氏の資金管理団体「未来産業研究会」の収支報告書で、自らの選挙区(衆院群馬5区)にある中之条町の農家に対して10年に59万4380円、11年には58万5635円支出したことが明らかになっている。これが政治資金の使い方としては不適切だとの指摘を受けている。

   一連の問題の発端になった週刊新潮10月23日号の記事では、小渕氏の資金管理団体から注文を受けた農家の主人が

「うちのネギは、贈答用は1本100円の立派なものを20本、緑色の箱に詰めて『3000円のパック』にして北海道から九州まで送っています」

と話している。この「パック」には、箱代や宅配便代も含まれているという。

   主人の話からすると、小渕氏は毎年200人にネギを発送していた計算だ。

   小渕氏は観劇会については陳謝したものの、ネギについては正当性を主張している。

   10月17日の衆院経済産業委員会では、送り先は「東京が中心」だとして選挙区内の有権者には送っていないと説明。10月20日朝の辞任会見でも、

「政治活動でお付き合いのある、県外の方への贈答であり、なおかつ、地元の名産を紹介することは、地元群馬の振興にもつながるものと思っていた」

と話した。

   群馬県では、過去にも大臣経験者が知人に下仁田ネギを継続的に贈っていたケースがある。小渕氏は、この先例を根拠に自らについても「問題なし」と認識している可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中