2019年 12月 6日 (金)

韓国で大ヒットの抗日映画「鳴梁」は日本で上映できるのか 中国の3000映画館で年内に公開だと大はしゃぎ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   韓国で記録的ヒットの抗日映画、「鳴梁」が年内に中国の3000館以上の映画館で公開されることになったとして韓国メディアの気勢が上がっている。1597年に倭軍(日本軍)330隻に対しわずか12隻の船で勝利を収めた「事実」を映画化したものだそうで、当時、韓国と共に日本と戦った中国だけに共感が大いに得られるだろうし、戦いで活躍した韓国の英雄、李舜臣将軍をもっと知ってもらいたい、というのだ。

   一方日本では、この「鳴梁海戦」で朝鮮水軍は日本軍と戦ったものの、圧倒的な軍事力の差で撤退したと伝えられている。そうした認識の違いや、近年の日韓関係のこじれもあり、ネットでは「どうせ日本では公開できないだろ」などといった感想が出ている。

明と朝鮮が合同で日本軍と戦った「露梁海戦」を中国人は知っている

   朝鮮日報、中央日報などによれば、「鳴梁」は韓国で2014年7月30日から公開され観客1760万人を動員する大ブームになっている。さらに北米で8月15日に公開されると10月12日までに興行収益が約2億7600万円となり、韓米仏合作映画の「スノーピアサー」を除けば韓国映画として北米市場で最高記録を立てた。また、アジアン・フィルム・マーケットで台湾・インド・オーストラリア・ニュージーランドなど計13カ国・地域に買い付けられた、と報じている。そして「抗日戦争映画の大作」として期待が高まっている中国で、年内に国内の全映画館の3分の2にあたる3000館以上での公開が決まったとも報じている。

   10月20付けの中央日報日本語電子版は、中国人は1598年に明と朝鮮が合同で日本軍と戦ったもう一つの海戦「露梁海戦」を知っている、とし、

「韓国の人たちが三国志の劉備、関羽、張飛についてよく知っているように中国の観客も『鳴梁』を通じて世界10大海戦である鳴梁海戦と李舜臣将軍についてさらによく知る契機になればと思う」

という韓国の映画投資・配給会社のコメントを掲載した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中