2021年 1月 20日 (水)

安倍首相FBは「批判」を封じているのか? 「保守速報」問題の次は「ブロック」指摘

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   安倍晋三首相のフェイスブックがまた「注目」されている。安倍首相のページに批判的な言葉を書き込んだ人から、ページにアクセスできなくなるように「ブロック」されたという書き込みが相次いでいるのだ。

   この指摘自体はすでに1年半ほど前から出ていた。ただ、最近になって安倍首相のフェイスブックの発言が一部から批判されたこともあって、改めてブロック問題もクローズアップされつつある。

9月下旬の書き込みが拡散される

 安倍首相のフェイスブックでは「保守速報」をシェアしたことが問題になった
安倍首相のフェイスブックでは「保守速報」をシェアしたことが問題になった

   ここ数日で急に拡散されているのが、ツイッター上の

「安倍晋三のFBのコメント欄には人種差別発言が多いので、『管理人(秘書)は不適切な発言を削除しろ』と書き込んだら俺がブロックされる理不尽」
「ぼくも同様に、安倍首相のFBのコメント欄のあまりにもひどい嫌韓嫌中発言について指摘したところ、ブロックされました」

というやり取りだ。書き込みが行われたのは9月下旬。だが、安倍首相が11月24日夜、ヘイトスピーチが問題化しているまとめサイト「保守速報」の書き込みをシェアしながら、大学生が小学生になりすましていたことを

「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為だと思います。選挙目当ての組織的な印象操作ではないでしょうが、選挙は政策を競い合いたいと思います」

などと発言したことがきっかけになり拡散されたようだ。安倍首相が「保守速報」をシェアしたことや、一国の首相が大学生を批判したことに違和感が広がり、首相のフェイスブックの運用方法自体が問われるようになりつつある、という流れだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中