2020年 8月 4日 (火)

40年超老朽原発の運転延長、そして大間新規稼働 次期政権は原発「推進」に舵を切る見通し

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

大間原発安全審査申請は事故後、建設中の原発としては初めて

   大間原発はこれまでの国内の原発とは異なり、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムとウランを混ぜた混合酸化物(MOX)燃料を100%使う世界初の「フルMOX」原発で、その安全性をめぐり、対岸の函館市が国とJパワーに建設差し止めを求める訴訟を起こしている。Jパワーが大間原発の安全審査を申請すれば、福島第1原発事故後、建設中の原発としては初めてになり、原発再稼動問題が新たな局面を迎えるのは間違いない。

   函館市の工藤寿樹市長はJパワーの安全対策について「今の基準に合うよう変えたというが、何を今更と言うほかない」と反発。規制委の田中俊一委員長は大間原発の審査について「基本的には今までと同じだと思うが、フルMOXは世界でも実例がないから慎重に評価することになる」と会見で述べている。

   自民党が総選挙で勝利すれば、老朽原発の運転延長や建設中の原発の運転開始が進むのは確実だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中