2019年 8月 26日 (月)

「危険ドラッグ」原料のほとんどは中国から密輸 NHK特集に闇の流通握る中国の女が登場

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「危険ドラッグ」の原料のほとんどが中国から密輸されている実態を、NHKスペシャルが4か月にわたる取材で示した。そこには、取引のカギを握る人物がいたというのだ。

   規制すれば、化学構造の一部を変えてまた違う「危険ドラッグ」を流通させる。なぜそんな高度なイタチゴッコができるのか、その秘密は原料の製造元にあったらしい。

中国からの原料の荷物に送り主の名前

NHKサイトでも、放送を紹介
NHKサイトでも、放送を紹介

   読売新聞の2014年11月26日付記事などによると、警視庁は、国内に出回っている危険ドラッグのほとんどの原料が中国から調達されているとみている。NHKスペシャルは30日、「攻防 危険ドラッグ 闇のチャイナルートを追う」とのタイトルでその真相に迫った。

   NHKの取材班は、ドラッグ販売のホームページにあったという化学メーカーの住所を頼りに、中国で十数か所を訪ねた。しかし、いずれの場所もただの住宅地になっているなど、何も存在しなかったという。化学メーカーが頻繁に社名や住所を変えていることもあるとみられ、結局、所在は分からなかった。

   中国の化学メーカーの事情に詳しい日本人に取材したところ、あるメーカーは、日本の販売業者のうち3分の1に原料を供給していると明かした。違法になればすぐに品を変えてくるので、その分値段も高いという。NHKは、秘密工場の写真も入手し、化学物質を合成する「化学反応器」が6台もあることを紹介した。ほかの写真では、化学反応で発生したガスを排気するダクトも示され、これは工場に張り巡らされているそうだ。

   この工場がどこにあるかなどは分からなかったが、NHKでは、10月になって重要な手がかりを得た。それは、那覇市内のマンションの一室で大量の危険ドラッグが見つかった事件で、中国からの原料の荷物に送り主の名前が書かれていたことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中