2019年 10月 23日 (水)

「誰が朝日新聞のことを叩けるであろうか」 林真理子、百田氏の「作家タブー」で週刊誌批判

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2014年1月に死去したタレント、やしきたかじんさん(享年64)の晩年を作家の百田尚樹さん(58)が描いたノンフィクション「殉愛」をめぐる訴訟について、週刊誌の多くが奇妙な沈黙を続けている。

   百田さんは言わずと知れた「ベストセラー作家」。その影響力を恐れて週刊誌の版元でもある出版社が及び腰になっているという見方もあるなか、作家の林真理子さん(60)が「この言論統制はなんなんだ!」「誰が朝日新聞のことを叩けるであろうか」と、異例の週刊誌批判を展開した。

さくらさんと遺族の確執を最初に書いたのは週刊文春

「殉愛」をめぐる騒動を大半の週刊誌は「スルー」している
「殉愛」をめぐる騒動を大半の週刊誌は「スルー」している

   「殉愛」では、13年10月に再婚した妻、さくら(32)が、末期のたかじんさんを献身的に介護する様子を強調する一方、たかじんさんの元妻との間に生まれた長女(41)については、たかじんさんの病状を知って「自業自得やな」とのメールを送ったなどと批判的に描いていた。

   11月7日の発売直後から、さくらさんがイタリア人男性と「重婚」していたという疑惑がネット上で提起され(百田さんは「結婚・離婚歴がある(日本で入籍、離婚)」と「重婚」を否定)、長女は本の記述で名誉を傷つけられたとして、11月21日に出版元の幻冬舎に対して出版差し止めと1100万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こした。

   百田氏は本に対する批判についてはツイッターで反論を繰り返しており、特に11月30日には、

「裁判となれば、今まで言わなかったこと、本には敢えて書かなかったいろんな証拠を、すべて法廷に提出する。一番おぞましい人間は誰か、真実はどこにあるか、すべて明らかになる。世間はびっくりするぞ」

とツイート。徹底的に争う構えだ。

   一般的には、こういった争いは週刊誌が好むところだ。実際、週刊文春は14年2月6日号で

「やしきたかじん未亡人32歳下への怒り 親族から噴出 遺骨を『マカロンみたい』」

と題した記事を掲載。たかじんさんの親族と、さくらさんの間の確執を伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中