2018年 12月 15日 (土)

イラストレーター水玉螢之丞さん死去 「SFマガジン」などで活躍

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   漫画家でイラストレーターの水玉螢之丞(みずたまけいのじょう 本名・吉田けい)さんが2014年12月13日に死去した。55歳だった。

   埼玉県出身。「SFマガジン」や「週刊ファミ通」などの雑誌で多数の連載を持ち、人気を博した。ゲーム「火星物語」のキャラクターデザインや、アニメ化もされた小説「まおゆう魔王勇者」シリーズのキャラクター原案を担当するなど、幅広い分野で活躍していた。

   15日には夫が水玉さんのツイッターを更新し、本人の希望により葬儀は親族のみで執り行ったと報告。長期入院中はツイッターが闘病の支えの一つにもなっていたと明かし、感謝の言葉を綴った。

   92年からの付き合いというSF書評家の大森望氏はツイッターで

「女性のSFおたくはたくさんいるけど、水玉さんほどたくさんSFを読み、なおかつみずからのおたく性を徹底的に突き詰め、思想化し、文章化したひとはいなかったと思う。いさましいチビのイラストレーターは、有数のおたく思想家でもあった」

などと故人を評し、「ご冥福を祈ります」とコメントした。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中