2018年 10月 16日 (火)

韓国当局 大韓航空に行政処分、前副社長の刑事告発決める

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   大韓航空の旅客機の趙顕娥(チョ・ヒョンア)前副社長が同社機のサービスに立腹して機内サービス責任者を降機させるなどして離陸を遅らせた問題で、韓国の国土交通部は2014年12月16日、同社に対して運航停止や過料の行政処分を行うことを決めた。同日、聯合ニュースなどが伝えた。

   国土交通部は、機長が乗務員に対する指揮・監督の義務を怠ったことが航空法に違反すると判断。同部の事情聴取に対して趙氏やサービス責任者がうその供述をしていたことも問題視した。

   これとは別に、同部は趙氏が機内で暴言を吐いたことが航空保安法に違反するとして、検察に告発することも決めた。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...