「村八分」初期メンバー青木真一さん 肺炎で死去

印刷

   ロックバンド「村八分」の初代ベーシストとして知られる青木真一さんが2014年12月18日、肺炎のため死去した。63歳だった。

   69年に結成された「村八分」に初期メンバーとして参加。その後「ザ・フールズ」や「ティアドロップス」のギタリストとして活躍した。葬儀・告別式は22日21時半からメモリアルセレス千代田21(荒川区西日暮里)で行われる。喪主は妻の美穂さん。

   なお「村八分」結成の中心人物で、「ティアドロップ」でも一緒だった山口冨士夫さんも13年8月に他界している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中