金子千尋がオリックスに残留した理由 「日本の野球をもっと盛り上げたい」

印刷

   大リーグ行きか去就が注目されていた金子千尋投手がオリックスに残ることになった。

   決まったのはクリスマスイブの2014年12月24日。日本球界にとってもいいプレゼントだった。

現在の「ナンバーワン投手」

   金子の残留コメントに共鳴した野球人は多かった。

 「毎年、いい投手がメジャーに行くのはどうなのか、と考えていた。日本の野球をもっと盛り上げて生きたい、という気持ちが強い」

   現在の日本球界が抱える問題に、金子は鋭い言葉を投げかけた。

   確かに、毎年のようにナンバーワン投子が日本を離れている。最近では、ダルビッシュ有、田中将大がそうだ。

   マスメディアは、大リーグで投げる彼らを、より派手に扱う。そういった傾向に首をかしげる日本でプレーする選手たちは多い。金子はそれを代弁したといえるかも知れない。

   金子は、各球団の4番打者が認める「現在のナンバーワン投手」である。日本ハムの打点王、中田は「顔を見るのも嫌」と言ったし、西武の本塁打王、中村も「打てる気がしない」

   今シーズンは序盤こそつまずいたが、その後は順調に勝ち星を増やした。多彩な変化球を低めに集めるので、長打を浴びることが少ない。従って失点が少ない。最多勝と防御率の2タイトルを獲得、さらに沢村賞、パMVPを受賞した。なかでもMVPは優勝チームのソフトバンク勢を抑えての評価だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中