2020年 12月 1日 (火)

元CA名乗る「四十路ヌード」相次ぐ JAL・ANAの「昔の看板」で露出

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   ここ半年ほどで、日本航空(JAL)や全日空(ANA)の客室乗務員(CA)という肩書を使って雑誌にヌード写真を披露するケースが相次いでいる。20代の女性が「現役」を主張するケースがある一方、40歳を超えた女性が10年以上前に退社した航空会社の名前を使ってメディア露出を果たすケースもある。

   どのケースも航空会社にしてみれば迷惑千万だが、どんな世代の女性であっても、CAという職業は、こうした雑誌を手にする中年男性の「劣情」をそそるようだ。

JALが制服を切り替えた1996年頃に入社

ここ半年で「CA」を名乗るヌード写真が相次いで掲載されている
ここ半年で「CA」を名乗るヌード写真が相次いで掲載されている

   「週刊大衆」1月19日号(首都圏は1月5日発売)では、「元JALスッチー『40歳の完熟ヘアヌード』」と題した記事が掲載された。モデルの女性は40歳で、8年間にわたってJALの国内線でCAとして勤務したと説明されている。「CAを辞めたのは30歳の頃」ともある。この説明が正しいとすれば、1996~2004年頃に勤務していたことになる。記事にはCAとして勤務していた頃のスナップ写真も複数ついている。写真から判断する限り、女性が着ている制服は7代目と8代目。JALが制服を7代目から8代目に切り替えたのは1996年なので、女性の説明は大筋で正しそうだ。

   「現在はトラベルフードライターを目指し充電中」だそうだ。

   2014年末には、ANA出身を名乗る女性のセミヌードが紙面をにぎわせた。題して「元ANA美熟女CA アテンション!『豊満美脚』裸身!」。「FLASH」14年12月23日号に掲載された記事によると、モデルは45歳の女性。「短大卒業後、外資系企業勤務を経て、20代半ばで全日空のCAへの転職を果たした」と説明している。6年半勤務し、チーフパーサーまで昇進したという。この説明が正しいとすれば1995~2002年頃にANAに勤務していたことになるが、社員証や職場でのスナップ写真など、実際にこの女性がANAに勤務していたことを示す資料は確認できない。

   なお、この女性は2度の離婚を経験し「本格的にジャズシンガーとして第2の人生を歩みはじめた」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中