2018年 8月 20日 (月)

首都大東京、5万人以上の個人情報が外部からアクセス可能状態だった

印刷

   首都大学東京(八王子市)は2015年1月19日、学生や教員の氏名、住所など5万1000人分の個人情報のデータが外部からアクセスできる状態になっていたと発表した。発表時点では悪用されたなどの報告はないとしている。

   14年8月22日から15年1月5日までの期間、学生や入学予定者、教員などの氏名や住所、電話番号、メールアドレス、成績などが外部から閲覧できる状態だった。外部からの指摘で明らかになったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中