首都大東京、5万人以上の個人情報が外部からアクセス可能状態だった

印刷

   首都大学東京(八王子市)は2015年1月19日、学生や教員の氏名、住所など5万1000人分の個人情報のデータが外部からアクセスできる状態になっていたと発表した。発表時点では悪用されたなどの報告はないとしている。

   14年8月22日から15年1月5日までの期間、学生や入学予定者、教員などの氏名や住所、電話番号、メールアドレス、成績などが外部から閲覧できる状態だった。外部からの指摘で明らかになったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中