円安「デメリットの方が大きい」 企業の約半数が調査会社に答える

印刷

   円安について、企業の46.2%が「デメリットの方が大きい」と認識していることが2015年1月19日に帝国データバンクが発表した調査結果で明らかになった。

   それによると、「メリットとデメリットはほぼ同等」と答えたのが25.8%、「影響はない」が13.4%、「わからない」が7.4%で、「メリットの方が大きい」と答えた企業は7.2%に留まった。調査は14年12月15日から15年1月5日にかけて行われた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中