2019年 1月 17日 (木)

はるかぜちゃん、ツイッターアカウントを削除 「声優の名前の勘違い」が大炎上

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「はるかぜちゃん」ことタレント・春名風花さん(13)のツイッターアカウントが2015年1月22日、「しばらく、お休みします」というツイートを最後に削除された。一体何が起こったのだろうか。

   グーグルのキャッシュページからツイート履歴をたどると、騒動の源が見えてきた。

「周夫さん」を「明夫さん」と間違える

ついにアカウントを削除した春名さん(14年4月編集部撮影)
ついにアカウントを削除した春名さん(14年4月編集部撮影)

   15日、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男、「美味しんぼ」の海原雄山、「忍たま乱太郎」の山田伝蔵などを演じた声優・大塚周夫さんが亡くなった。

   16日、ファンから大塚さん死去を知らされた春名さんはすぐさま反応、「去年会ったばかりなのに...」などとつぶやいたようだ。

   しかし、実は「去年会った」のは大塚さんの息子にあたる声優・大塚明夫さん。とんだ勘違いをしていたのだ。ファンから「亡くなったのは周夫さん」と指摘を受け、すぐさま謝罪、明夫さんのアカウントへも

「突然の事に驚いてしまい、初動で明夫さんとお父さまを混同したツイートをしてしまいました。心よりお詫び致します。こんな時に本当に申し訳ありません...。ご多忙で大変かと思われますが、どうかご自愛ください」

とメッセージを送っている。

   明夫さんも

「ひさしぶりだね(^-^)そんなこと何も気にしなくていいからね?」

と返信、騒動は収束するかに見えた。

   しかし、一部のツイッターユーザーは黙って見過ごさなかった。

「声優志望なのに知らないなんて可笑しい」
「声優志望としてこれは如何なものか。間違っただけではすまんと思うけど。会ったことあるのにろくに覚えてないなんて」
「あなたの注意不足で他人にものすごく失礼なことをした」

   アニメのアフレコやナレーションの仕事もこなし、一時期ツイッターのプロフィール欄にも「声優志望」と明記していたことが災いしたのか、執拗な批判を受ける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中