都内の春の花粉量は例年並みだが昨年と比べると倍に

印刷

   東京都が2015年1月22日に発表したスギ・ヒノキ花粉の飛散予測によると、この春に花粉の飛ぶ量は例年並みだが、昨年の14年が少なかったため昨年と比較すれば倍になるという。

   花粉が飛び始めるのは2月14日から17日ごろで、花粉の量が多くなる日は23区が31日といずれも例年並みだが、多摩地域の花粉の量の多い日は例年より20日多い49日になると予想している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中