2018年 6月 22日 (金)

陣内貴美子、壮絶「不妊治療」を告白 視聴者「涙が止まりませんでした」

印刷

   世界一の「不妊大国」とも呼ばれる日本では、今や不妊の治療や検査を受けたことがある夫婦は6組に1組と言われている。それでも「結婚すれば子供もそのうちできるだろう」と、どこか他人事として捉えているカップルは少なくないだろう。

   不妊治療を苦悩した経験を持つスポーツキャスターの陣内貴美子さん(50)は、そうした認識に警鐘を鳴らす。2015年1月20日放送の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)の中で、「絶対結婚する前に自分の身体は診て(もらって)おいた方がいい」と訴えた。

体外受精1回50万円、検査結果に振り回される日々

不妊に悩む夫婦は少なくない(画像はイメージ)
不妊に悩む夫婦は少なくない(画像はイメージ)

   陣内さんは37歳の時に元プロ野球選手の金石昭人さん(54)と結婚。当初は「結婚すると子供はできるものだ」と漠然と思っていたそうだが、2年経っても子宝に恵まれず、39歳から不妊治療を始めた。

   最初に取り組んだ「タイミング法」(排卵日前日・当日に性生活を持って妊娠を目指す方法)では妊娠に至らず、検査を受けてみると卵管のねじれが発覚した。そのためすぐに「体外受精」に切り替え、排卵誘発剤を打ち始めたという。この時、すでに42歳になっていた。

   陣内さんは「ほんっとにこれね、大変だから」と振り返る。誘発剤は自分で打つこともできるのだが、より確実性を高めるため毎日病院に通ったそうだ。治療費も馬鹿にならず、陣内さんの場合は体外受精で1回約50万円、顕微授精で1回約60万円かかったという。

   苦労したのは体力面、費用面だけではない。検査結果に振り回される日々は精神的にも相当きついものだ。陣内さんは当時の状態について「その時の精神状態っておかしい。なんかねもう自分ですごく追い詰めちゃってる」「これだけお金出したんだから絶対できててほしいとか、一喜一憂がすごいんだよね」などと語った。

   不妊治療を辞めたのは45歳の頃。追い詰められていく妻を隣で見てきた金石さんが「もうやめよう」と告げたことがきっかけだったという。陣内さんは自身の体験を次のように例えた。

「駅があってそこに赤ちゃんが待ってるとするじゃない。自分は列車に乗って駅に着くんだけど、そこに赤ちゃんは待ってなくて。次の駅にいったら赤ちゃんが待ってるんじゃないって思うわけ。だからどんどん辞め時が分からなくなってくる。その終着の駅を金石が決めてくれた」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中