2021年 1月 17日 (日)

「愛人リスト」岡田斗司夫氏に今度は盗作騒ぎが浮上 バタバタ収まらず、勤務する大学も対応検討中

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

客員教授務める大学サイトで顔写真が消えた

   また、岡田氏が客員教授を務める大学でも騒動をめぐる余波が出てきたようだ。13年から客員教授を務め、不定期に公開講座などを開催している相愛大学では、教員紹介ページから岡田氏の顔写真が削除された。

   担当者によると、削除は意図的なものではなく、原因を確認中だという。ただ、騒動を受け、大学として今後の対応については「現在検討中」だとした。

   同じく客員教授として在籍する大阪芸術大学は、J-CASTニュースに対し「取材には一切答えられない」と回答。ただ、日刊ゲンダイ(1月23日付記事)の取材に対して、「現在、事実関係を含め調査中です」とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中