2019年 11月 15日 (金)

ジャパネットたかた、成長路線を維持できるか 名物社長退任、後継は東大出の長男

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   テレビ通販大手、ジャパネットたかた(長崎県佐世保市)の高田明社長(66)が2015年1月16日付で社長を退任した。通販番組への出演も、今後1年をめどに降板するという。

   甲高い声、分かりやすい語り口を持ち味に、顧客をつかんできた明氏。新社長に就任した長男、旭人氏(35)が、明氏の敷いた成長路線を維持できるのか、注目されそうだ。

「役目を終えた。退任にまったく悔いはない」

旭人社長は偉大な父を超えられるか(画像は同社のコーポレートサイトより)
旭人社長は偉大な父を超えられるか(画像は同社のコーポレートサイトより)

   「29年間代表を務めてきたが、役目を終えた。退任にまったく悔いはない。ちょっと離れたところから応援したい」。同社の創立記念日に当たる1月16日、親子そろって東京都内で記者会見に臨んだ明氏は、晴れ晴れとした表情を浮かべた。旭人氏については「とにかく努力家。不安はゼロではないが、期待の方が大きい」と持ち上げた。

   明氏は昨年夏、テレビ通販20周年を記念して開いた取引先との「感謝の会」の席上、社長退任を表明。新体制へ向けた準備を着々と進めてきた。

   社長だけでなく、組織も一新する。2007年に設立した持ち株会社、ジャパネットホールディングスの位置づけを見直し、グループ全体の戦略策定部隊へと変更。中核子会社のジャパネットたかたに加え、プロモーション、コールセンター、物流、アフターサービスの計5社がぶら下がる形にして、それぞれ専門性を高めていくという。旭人氏は、持ち株会社に加え、傘下の5社のうち3社の社長を兼務した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中