2019年 11月 23日 (土)

盗んだ「黄金の延べ棒」、実はレプリカ まぬけな泥棒は表示も見ていなかった

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   山梨県の金山博物館に男が侵入、ショーケースのガラスを割って盗んだ。「黄金の延べ棒」のはずだったが...。

   ところが、実はレプリカ。被害額も2万円に満たなかった。博物館の職員は「割られたガラス代の方がかかるかも」と話している。

担当者「レプリカであることは明記している」

盗まれた「黄金の延べ棒」レプリカ(甲斐黄金村・湯之奥金山博物館提供)
盗まれた「黄金の延べ棒」レプリカ(甲斐黄金村・湯之奥金山博物館提供)

   事件は2015年2月2日14時5分ごろ、山梨県南巨摩郡身延町の「甲斐黄金村・湯之奥金山博物館」で起きた。

   県警によると、犯人は目だし帽をかぶった身長約170センチ、20~30代の男とみられる。博物館のエントランスそばに置いてあるショーケースのガラスを、工具のようなもので割って、金の延べ棒のレプリカ5枚を盗んだ。犯行後、男は山梨ナンバーの青の乗用車に乗って逃走。県警は強盗の疑いで行方を追っている。

   同館によると、当時館内に客はなく、職員3人がいた。けが人はなく、ほかの展示品などに被害はなかった。

   盗まれたレプリカは鉛製で表面に純金メッキがかけられている。同館の担当者は「ショーケースにレプリカであることは明記している。すぐに気付くと思うのだが...」という。普段は売店などで販売し、お土産などで人気だそうだ。1枚3800円で、被害額は1万9000円の計算だ。「割られたショーケースのガラス代のほうがかかるかも」と困った口ぶりだった。なお、同館内に本物の黄金品は置いていないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中