2019年 12月 14日 (土)

中国人観光客「予算なんてない」「買いたいだけ買う」 「爆買い」荷物で空港大混乱、機内に積み込めるのか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   旧正月の休暇に入った中国から、観光客が日本にどっと押し寄せてきた。円安に誘われて、東京や大阪などで「買い物合戦」を繰り広げている。

   大勢の中国人観光客が欲しいだけ買っていく。だから土産物でいっぱいのスーツケースや段ボールの数もすさまじい。ひとりひとりがこれほどの数の荷物を持ち込んで、帰国時の飛行機の中に収まりきるのだろうか。

航空会社のカウンター前に広がる段ボールの山

免税店は大賑わい
免税店は大賑わい

   中国で「春節」と呼ばれる旧正月の休暇が2015年2月18日から始まった。7連休とまとまった休みのため、日本への「買い物ツアー」が加速している。

   テレビ各局は、「爆買い」と呼ばれる中国人観光客の豪快なショッピングを報じた。大型観光バスで繁華街にやって来ると、免税店にまっしぐら。電化製品や化粧品、食品を次々に購入していく。中でも人気は日本製炊飯器、さらには温水洗浄や座った際に温かい「高機能便座」だ。気に入ったら、同じ商品を手に入る限り買う。2月18日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、買い物の予算を中国人観光客にたずねたところ「100万円」「400万円」と驚くような金額が続出、さらに「予算なんてない」「買いたいだけ買う」と口にする人もいた。購入品を詰め込むため、新たなスーツケースを求める客も少なくない。

   ひとり当たりの土産物の数はかなり多く、箱ごと購入するケースも見られる。当然、帰国時に手荷物として持ち帰るのだが、あまりの数に空港の出発ロビーが荷物であふれかえるようだ。2月18日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)は、北海道・新千歳空港の様子を報じた。「人の背を越える段ボールの山」とのナレーションとともに映し出されたのは、カート1台に5個、10個と積まれた段ボール箱だ。航空会社のカウンター前は一面に広がる荷物と、搭乗手続きのために並ぶ人で大混雑。同空港は年末年始も中国をはじめアジアからの観光客でごった返し、対応に苦慮していたが、今回はそれを上回る勢いだ。

   しかも中国人観光客の帰国が本格化するのは、春節休暇が終わりに近づく来週だろう。今の時点で混雑している出発ロビーが、帰国ラッシュを迎えたらどうなるのだろうか。「段ボールタワー」が林立し、フロアーをびっしりと埋め尽くす人たちの様子が想像できそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中