人気者「ハムスターの銀次」が死去 「いっぱい癒していただきました」ネットで惜しむ声

印刷

   その愛くるしい姿からツイッターで人気を集めていたジャンガリアンハムスターの「銀次」が2015年2月20日、死亡した。飼い主で、霊園開発や墓地紹介事業を手掛ける「川辺石材」(東京都江戸川区)の社員、佐藤公亮さんが同日、ツイッターで明かした。

「これからは天国からずっとおおきに!!」

   佐藤さんは2014年から、居酒屋のミニチュアジオラマとペットのハムスター「銀次」を組み合わせた写真に「午前中おつかれさんやったな」「おつかれさん!一週間頑張ったやんな!」など関西弁の台詞を一言つけてツイートしていた。「居酒屋マスター」「佐藤さんの上司」という設定の銀次は愛らしい姿と人懐っこい台詞で人気を博し、15年3月には銀次の写真を集めた書籍も販売される予定だった。

   しかし、20日朝、「眠るように」息を引き取ったという。佐藤さんは「ここまで支持していただき、 ありがとうございました。銀次『ちょっと休むだけや。 これからは天国からずっと おおきに!!おおきにや!(泣)』」と書いている。

   突然の報告を受け

「銀次さん、安らかに・・・」
「銀次さんにはいっぱい癒していただきました。謹んでお悔やみ申し上げます。ありがとうございました銀次さん」
「銀次さん・・・!今までお疲れ様でした・・・!」
「安らかにあちらでも楽しい銀次節を響かせていてください」

と追悼のツイートが続々寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中