「春節効果」で百貨店2月の売上高増

印刷

   大手百貨店4社が2015年3月2日に発表した2015年2月の売上高(速報値)は、前年同月比で軒並みプラスとなった。旧正月の「春節」休暇で日本を訪れた中国人観光客による「爆買い」効果が出たものとみられる。

   全体の売上高は、三越伊勢丹ホールディングスが4.0%増、そごう・西武2.6%増、Jフロントリテイリング1.6%増、高島屋0.1%増だった。ただし2014年の「春節商戦」の売り上げと比較すると、各社2~4倍近く伸びた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中