2018年 8月 19日 (日)

がん「罹患」状況、地域によって特色 国立がん研究センター

印刷

   国立がん研究センターは2015年3月26日、2011年にがんに罹患(新たにがんと診断されること)した全国推計値を算出し、報告書にまとめたと発表した。この中で、都道府県ごとに主要ながんの罹患、死亡状況を算出し、地図上に示した。

   2011年の全国のがん罹患数は、男女計85万1537人。部位ごとに全国の罹患状況の特徴を見ると、胃がんでは男女ともに日本海側の県に集中している傾向が見られた。大腸がんでは罹患比、死亡比ともに北海道、東北、山陰で高い傾向にあった。また肺がんは、男性が海道と青森県、近畿地方で罹患比と死亡比がいずれも高いとの結果となった。

   今回使われたデータは、全国の「地域がん登録」のもので、2011年分は40道府県が提出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中