2019年 6月 18日 (火)

「人として許される行為ではない」 キム選手「顔面踏みつけ」に非難殺到

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   サッカー・Jリーグで、サガン鳥栖のDFキム・ミンヒョク選手(23)が試合中に相手選手の顔を踏むラフプレーをして、ネット上で非難の声が相次いでいる。鳥栖では、キム選手に事情を聴いており、一両日中にも調査結果を明らかにするとしている。

   鹿島アントラーズのMF金崎夢生(むう)選手(26)が、サイドをドリブル突破しようとしたときだ。

  • 故意か偶然か(画像はイメージ)
    故意か偶然か(画像はイメージ)

なでしこ大儀見もツイッターで参戦

   キム・ミンヒョク選手は、執拗に幅寄せし、金崎選手が倒れると、左足でその顔を踏んだ。キム選手はさらにプレーを続けようとして...。

   このシーンは、6秒動画サイト「Vine」に投稿され、ツイッターなどで広まっている。

   ラフプレーが出たのは、2015年4月3日に茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで行われた鹿島対鳥栖戦で、キム選手はこのプレーでイエローカードを切られた。金崎選手に、大きなケガはなかったようだ。試合では、金崎選手が同点ゴールを決めており、鹿島が3対1の逆転で鳥栖を下した。

   動画のシーンが出回ると、ネット上では、キム選手に対して、厳しい批判の声が上がった。

「相手選手の顔をわざと踏みに行っている」「これはレッドだろ、審判どこに目つけてんだ」「Jリーグは処分しないの?」

   もっとも、キム選手は金崎選手を避けようとして足が当たったり、軸足を置いて踏ん張ろうとしたときにたまたま顔になったりしただけでは、といった指摘も出ていた。

   一方、なでしこジャパンのFW大儀見優季選手(27)は5日、この動画をツイッターにアップして、「衝撃的な映像...ムウムウの怪我が心配。。。」と漏らした。そして、「この選手の行為は社会的立場を考えても、人としてもサッカー選手としても許されるべき行為でない」と断罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中