2022年 8月 17日 (水)

「はしご」はずされた北陸新幹線? 富山県・市「東京出張は飛行機で」のワケ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   北陸新幹線開業を熱望したはずの地元自治体が、首都圏への出張には飛行機を使うように職員に呼びかけるという珍現象が起こっている。

   新幹線開業に対抗して航空運賃が値下がりし、「飛行機の方が安い」というのがその理由だが、出張以外でも飛行機利用を勧めるケースもある。経済面とは別の理由もあるようだ。

  • 北陸新幹線は東京-富山間を最短2時間8分で結んでいる
    北陸新幹線は東京-富山間を最短2時間8分で結んでいる
  • 新幹線開業以降、東京-富山線は主にボーイング737型機で運航されている
    新幹線開業以降、東京-富山線は主にボーイング737型機で運航されている
  • 北陸新幹線は東京-富山間を最短2時間8分で結んでいる
  • 新幹線開業以降、東京-富山線は主にボーイング737型機で運航されている

富山駅~東京駅で通算すると飛行機が450円安い

   北陸新幹線の開業で、東京-金沢の最短所要時間は3時間51分から2時間28分に、東京-富山は3時間14分が2時間8分に、それぞれ1時間以上短縮された。首都圏への出張でも大幅に便利になるはずだったが、開業2日前の2015年3月12日、富山県庁は職員に対して、東京出張の際にはできるだけ飛行機の「特割」を利用するように求める通達を出した。富山空港と羽田空港の間は全日空(ANA)が1日に6便往復しており、新幹線開業後も引き続き飛行機の利用を求めた形だ。開業の祝賀ムードに水を差すようにも見える動きだが、人事課では「経済的な理由」だと説明している。

   飛行機の場合、搭乗日前日まで購入できる割引運賃の「特割」の場合、便によって多少のばらつきはあるが、最も安い場合で片道1万1290円。

   これに対して新幹線は、指定席で片道1万2730円(通常期)。富山駅から富山空港までのバス代410円、羽田空港から東京駅までの電車代(京急、JR山手線)580円を合わせても、富山駅~東京駅で通算すると、飛行機の方が450円ほど安くなる計算だ。富山市も、職員に対して「これまでの方針を徹底する」という趣旨で、同様の通知を出している。

   ANAは14年11月と12月に相次いで羽田-富山間の「特割」を値下げすることを発表している。その結果として飛行機が新幹線に「競り勝った」とも言える。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中