2020年 4月 1日 (水)

「アルジャーノンに花束を」CMに謎の文字列 「はんくる」に、ネットでは「不自然だ」の声も

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2015年4月10日から放送が始まるドラマ「アルジャーノンに花束を」(TBS系)の番組CMに不自然なカットが混じっている、とネットで話題になっている。

   「はんくる」か「はんぐる」と読め、番組内容とは無関係なカットに見える。このため中には、「サブリミナル効果」(通常感知できない方法で何らかのメッセージを視聴者に伝える方法)ではないかととするうがった見方さえ出ている。

  • ほんの2秒足らずのカットだった(画像はイメージ)
    ほんの2秒足らずのカットだった(画像はイメージ)

ひらがなの書かれたカルタが散らばる机をネズミが歩く

   ドラマ「アルジャーノンに花束を」はアメリカの作家、ダニエル・キイスによる1959年のSF小説が原作。

   精神遅滞を患った人間の主人公と「アルジャーノン」の名を持つハツカネズミが、最新の技術を駆使した脳手術を経て驚異的な知能を手に入れる物語だ。

   日本でも02年に小説をもとにしたドラマが放送され、高視聴率を記録した。15年版では、元NEWSで俳優の山下智久さん(29)が主演、ドラマ「高校教師」「101回目のプロポーズ」(いずれもフジテレビ系)などの作品で知られる野島伸司さん(51)が脚本を務めるなど豪華キャストを揃えた。

   人気作品のドラマ化とあって、放送前から大きな注目を集める一方、ツイッターなどでは同番組のCMをめぐり、ある疑惑がささやかれている。

   問題のシーンはCM冒頭に出現する2秒足らずのカットだ。

   大きくひらがなの書かれたカルタが散らばる机をネズミが歩く。やや後ろにある数枚の文字はぼかされて見えにくいものの、前方の4枚には「は」「ん」「く」「る」の文字を確認できる。なお、「く」の上には点が見えるが、濁点か否か判別しづらい。

   文字列を見て、ハングル文字を思い浮かべる人も多いだろう。ただ、CMの最後まで文字列の意味は明かされないままだった。

   ハングル文字と番組内容の関係を想像しづらいこともあってか、ツイッターでは

「これネット炎上させるつもりでワザとやってるよね」
「意図的だよなw」
「サブリミナル狙ってるの?」
「天才ネズミのアルジャーノン君がお勉強するのは は・ん・ぐ・る ですか?」

といった批判が噴出している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中