2020年 9月 28日 (月)

「歌舞伎町ぼったくり被害」サイトが人気 「4000円ポッキリが23万円請求」の店名を晒す

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

「警察は客の味方にはならない」

   どうしてこんなにぼったくりが多いのか。青島弁護士は「警察の対応が一つの原因です」と話す。被害に遭って交番に駆け込む人もいるが、警察は「民事不介入」だとして中立を保つ。深夜に歌舞伎町の交番近くに行くと、店の人間とその客と思われる人たちのグループが言い争いをしている。警察は両者が話し合って決着をつけるようにとしか言わない。

「警察は客の味方にはならない、ということが店側に周知されてきて、ぼったくりを止めないという面もあると思います」

   青島弁護士はぼったくりに遭わないようにするには、

「泥酔しない」「カードを持っていかない」「知らない人と意気投合しない」「知らない店に行かない」「 客引きについていかない」

などを挙げている。そして、店の外観やメニューだけで判断するのは危険だとも話している。ただ、ぼったくりを行っている店名を晒しても、それだけでは限界があるという。

「最終的な目標としては、ぼったくりが無くなるように条例を変更し、警察の対応を変えるということ。そのため、被害の事実をサイト上に積み重ねていき、実態を広く知ってもらい、変えるための説得力を付ける。それをやっている最中なんです」

   青島弁護士はこう話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中