2021年 5月 16日 (日)

埼玉県警考案の「チカン抑止シール」 張られたらおしまい、「冤罪生む」の声

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

さまざまな証拠を「慎重かつ適切に」見極める

   チカン抑止シールで本当に「悲劇」は起きないのか。「冤罪を助長するという声は寄せられていないか」といった記者の質問に、県警鉄道警察隊は「反響が大きく、多くのご意見を頂いていますが、おおむね応援したいといった肯定的なものが多いように思います。否定的な意見も一部ありましたが、いずれも痴漢は卑劣との認識を共有していたように思います」と答えた。

   そして、「シールだけで、『×』がついたからといって、犯人と認定されるわけではありません」と強調し、「物的証拠や目撃者、防犯ビデオ映像など、さまざまな証拠を慎重かつ適切に見極めます」と語った。

   シールを受け取る人にも、十分な説明、指導を行っているという。事実、シール付属のパンフレットでも「×印がチカン行為の補強証拠になる可能性はありますが、×印があることのみを証拠として、犯人を検挙するのは困難ですのでご注意ください」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中