2022年 6月 28日 (火)

きゃりー、ローラら芸能人が続々挑戦 シュールでそっくりなアバター作れる「My Idol」が大流行

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   中国生まれのアプリ「My Idol(マイアイドル)」(中国語名:小偶)が大流行している。顔を撮影するだけで自身の分身となる「アバター」を簡単に作成できるサービスで、完成度の高さやシュールな動きが話題となり、韓国や米国などでも広まっているという。

   2015年4月に入ってからは日本の芸能人たちも続々と挑戦し始めた。ツイッターやインスタグラムに完成したアバターの画像や動画を投稿、注目を集めている。

  • レディー・ガガさんもインスタグラムに動画をアップ(画像はインスタグラム画面のスクリーンショット/ユーザー情報部分は編集部が加工)
    レディー・ガガさんもインスタグラムに動画をアップ(画像はインスタグラム画面のスクリーンショット/ユーザー情報部分は編集部が加工)
  • 「My Idol」利用画面(アバターはサンプル)
    「My Idol」利用画面(アバターはサンプル)
  • レディー・ガガさんもインスタグラムに動画をアップ(画像はインスタグラム画面のスクリーンショット/ユーザー情報部分は編集部が加工)
  • 「My Idol」利用画面(アバターはサンプル)

なめらかな動きでポールダンスにモデル歩き...

   使い方はシンプルだ。自身の顔を撮影すると、アプリ上で自動的にスキャンされ、自分とそっくりのオリジナル3Dアバターができあがる。肌の色や髪型、目の色などを選び、洋服やメガネなどのパーツでドレスアップさせれば完成だ。妙にリアルな顔と4等身にも満たない「キャラクター体型」とのギャップが何とも面白い。

   アプリでは、ポーズ別の静止画やシーンに合わせた絵文字風画像、ユニークな動画がバリエーション豊富に用意されている。

   特に「シュール」と話題なのが動画機能。ミュージックビデオ風のもの、ランウェイをモデル歩きするもの、セクシーなポールダンスを披露するものなど約30種があり、アバターはここで実になめらかな動きを見せてくれる。なお、動画には音声を入れたり、文字を入れたりすることも可能だ。

   アプリがリリースされて以降、中国国外でも大きなブームとなった。友人や好きな有名人のアバターを作る人もいて、インスタグラムの「#myidol」のタグには、147万件以上の画像や動画が集まっている(4月28日時点)。

   言語対応していない日本でも15年4月ごろから話題になり、芸能人が続々参加したこともあって、ブームに拍車がかかっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中