東大とJAXAの超小型宇宙探査機、小惑星への接近を断念 エンジン復旧せず

印刷

   東京大学と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2015年5月8日、超小型深宇宙探査機「プロキオン」のエンジントラブルが復旧しないため、目標としていた小惑星「2000 DP107」への接近観測を断念した、と発表した。

   プロキオンは東大とJAXAが開発を手掛け、14年12月に小惑星探査機「はやぶさ2」などと共にH-IIAロケットで打ち上げられた。しかし15年3月、金属ゴミによると思われる異常がエンジン内部で発生していた。エンジンの復旧に当たったが回復せず、また今後回復したとしても、小惑星へ向かう軌道に入れないと判断した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中