2018年 10月 18日 (木)

詩人の長田弘さん死去 児童文学や評論など幅広い分野で活躍

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   児童向けの散文詩集「深呼吸の必要」などの著作で知られる詩人の長田弘さんが2015年5月3日、胆管がんのため東京都杉並区の自宅で亡くなった。75歳だった。

   長田さんは福島市出身で、早稲田大学在学中に詩誌「鳥」を創刊し、昭和40年に詩集「われら新鮮な旅人」でデビュー。詩のほかにも児童向け文学作品や評論など、さまざまな分野で活躍した。

   おもな著作に、三好達治賞を受賞した「世界はうつくしいと」(2009年)や、毎日芸術賞を受賞した「奇跡―ミラクル―」(2013年)がある。15年4月には「長田弘全詩集」を出版していた。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...