2022年 10月 2日 (日)

「かわいそうで25万円を振り込んだ」 ドローン少年への「資金援助者」は「共犯」になるのか

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ドローン飛行問題で逮捕された横浜市内の無職少年(15)は、高額な通信機器などをなぜ持っていたかが話題になった。バックには、「囲い」と呼ばれる資金援助者がいたことが分かり、ネット上で論議になっている。

   ドローン少年の逮捕容疑は、祭りの主催者らに警戒させるなどした威力業務妨害だが、警察からの度重なる警告を無視してきたことが大きいとされている。

  • 動画配信の裏に支援者が…
    動画配信の裏に支援者が…
  • 動画配信の裏に支援者が…

少年は、高額の支援者を「超越者」と呼び優遇

   トラブルを起こしながらも動画配信を続ける少年に対し、家族は、傍観していたわけではなく、止めようとしていたようだ。少年は、母親と衝突する様子を自ら配信し、姉からはパソコンを壊されたとも告白していた。こうした事情などから、親からお小遣いももらっていなかったという。

   ところが、今回の逮捕で所持品が公開され、少年は、動画配信以外に仕事がないのにかなりのお金を持っていたことが明らかになった。15万円はするというドローンのほか、パソコン2台、タブレット3台、それに複数の携帯電話などがあったのだ。長野や京都などへの旅行代金もかけていた。

   その資金源だったとされるのが、ホームページ上で呼びかけた支援金振り込みや文房具セットなどの公式グッズの販売だ。少年は、高額の支援をした人を「超越者」と呼び、限定の動画を見せるなどして優遇していた。また、閲覧が増えるほど多くのポイントが稼げる動画サイトのシステムを利用して、ポイントを商品購入などに充てていたらしい。

   フジテレビ系ニュース「FNN」によると、少年を支援していた東京都内の男性が取材に応じ、「家族にパソコンを壊されことをかわいそうに思い、25万円を振り込んだ」と明かした。この男性は、少年が過激で何をするかわからないところに引きつけられたと、支援の動議を話していた。

   しかし、この男性はツイッター上で、未成年相手に資金援助した責任を問われ、「後悔してます...」と告白した。少年を「裏切られた」と批判し、「全てを終わらせる」として2015年5月22日に警視庁に出頭して少年の説明をすることを明らかにした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中