交際女性の家族ら死傷 容疑の中国人男逮捕

印刷

   東京都品川区のマンションの1室で2015年5月23日朝、部屋に住む家族3人が侵入した男に刃物で切りつけられる事件が起き、警視庁は殺人未遂の容疑で中国人留学生の徐海培容疑者(25)を現行犯逮捕した。

   報道によると、事件は23日7時40分ごろ発生。韓国籍の会社員、李容旻さん(47)が首を切りつけられ、搬送先の病院で死亡したほか、妻(48)と長女の女子大学生(21)、駆け付けた大井署の女性警察官(24)も重軽傷を負った。

   徐容疑者は女子大学生と交際中だったという。すでに容疑を認め、「別れ話になって、別れるくらいなら殺して自分も死のうと思った」と供述しているという。なお、死亡した李さんは首や胸などに10か所以上刺された傷があり、警視庁は徐容疑者が強い殺意を持っていたとみて詳しく調べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中