2020年 4月 1日 (水)

マック、吉野家、日清・・・新商品は「ベジ」だらけ 「野菜メニュー」で女性客の取り込み狙う

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   マクドナルド「ベジタブルチキンバーガー」、吉野家「ベジ丼」、日清「カップヌードルベジータ」。大手外食や食品メーカーが2015年5月、タイミングを合わせたかのように野菜を使った新メニューを発売した。

   各社、同じ時期になったことは「たまたま」というが、さながら「野菜メニュー・初夏の陣」の様相を呈してきた。特に女性客の取り込みがポイントになりそうだ。

  • 各社の新メニュー発売が5月下旬に集中
    各社の新メニュー発売が5月下旬に集中

シリーズとしてまとめて出すのは初めて

   マクドナルドは新商品で女性や家族連れにアピールする。5月25日に発売したのは「ベジタブルチキンバーガー」「ベジタブルチキンマフィン」のレギュラーメニューに加え、子ども向けの「モグモグマック」、サイドメニューの「サイドサラダ」の全4品。これまでも野菜を強調したメニューはあったが、「シリーズとして1度にこれだけまとめて出すのは初めて」(同社広報)だ。

   中国の仕入れ先が消費期限切れの鶏肉を使っていたことや異物混入問題で売り上げが低迷し、主婦層を中心とした女性の客足が遠のいている。発表会見でサラ・カサノバ社長が「母親や女性からのリクエストに応えたもの」と話すなど、女性客へのイメージ回復を図る狙いは明確だ。発売直後の段階ではあるが、サイドメニューのポテトをサラダに代えて注文する女性客もいるという。

   吉野家は11種類の温野菜を盛り付け、牛肉が入っていない「ベジ丼」など、野菜を使った新メニュー3品を5月21日から販売開始。ベジ丼1つで1日に必要な量の半分の野菜が取れるという。

   牛丼チェーンで肉が入っていないメニューとは意外だが、「奇抜さは狙っていない。健康志向のニーズに合わせた」と同社広報は語る。30~40代男性の既存客層がメーンターゲットだとしながらも、店舗で話を聞くと女性客の注文が目立ち、材料がなくなりそうな日もあるという。出足は好調だ。

   吉野家は牛肉仕入れ価格の高騰などにより、14年12月に牛丼を300円から380円に値上げに踏み切り、その後4か月連続で売り上げが落ちている。新メニューの投入で巻き返しを図る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中