2019年 2月 23日 (土)

FC2「運営会社」社長ら2人が釈放 捜査行き詰まり、起訴の決め手欠く?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   動画投稿サイト「FC2」のわいせつ動画事件にからんで逮捕された「ホームページシステム」の社長と元社長の両容疑者が京都地検から釈放された。地検の勾留請求が京都地裁によって却下されたためだ。

   京都府警は引き続き在宅で捜査を進めるというが、捜査が行き詰まっているのではないか、との見方が浮上している。今後2人が起訴されるかどうかが焦点になりそうだ。

  • 現在もFC2は運営されている
    現在もFC2は運営されている

今後は在宅で捜査進める

   勾留請求の却下は2015年5月21日付。同日、地検はFC2の実質的な運営会社とされる「ホームページシステム」の足立真社長と高橋人文元社長を釈放した。

   2人は京都府警に4月23日に公然わいせつ容疑で逮捕され、勾留期限の5月14日に同容疑で再逮捕されている。4月の逮捕容疑は14年6月に大阪市の男らと共謀し「FC2」でわいせつ行為を生中継した疑い。5月の再逮捕容疑も同様に13年12月に東京都の男らと共謀しサイトでわいせつ行為を生中継した疑いだった。

   各紙報道によると、地裁は地検の勾留請求をいったんは認めたが、弁護人が準抗告。4月の逮捕時に勾留され、捜査を受けたことなどを理由に請求を却下したという。

   府警は今後も在宅で捜査を進めるというが、逮捕時に両容疑者は容疑について否認、黙秘していたという。京都府警など合同捜査本部はすでに14年9月、15年4月と2度もホームページシステムを家宅捜索しており、捜査は行き詰まりをみせているとも言える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中