浅間山で小規模噴火か 気象庁発表

印刷

   気象庁は2015年6月16日午前、浅間山(群馬・長野県境)でごく小規模な噴火が起きたもようだと発表した。9時30分ごろ、火口から北に約4キロの観光施設で火山灰が確認された。浅間山の噴火は09年5月27日以来。

   火口から2キロの範囲で噴石への警戒を呼びかけた。噴火警戒レベルは2にとどめている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中