2019年 1月 18日 (金)

あの太田出版が新聞広告で痛いミス 「ボーイズラブ」を「ボーズラブ」と誤記

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「元少年A」が書いた『絶歌』を出版した太田出版(東京都新宿区)が出稿した新聞広告に「致命的な」誤植がある、とネットで話題だ。

   間違えたのは『絶歌』とは違う書籍の広告。1文字抜いただけなのに、まったく違う意味に取れる。そんな面白さも手伝って、ネット上ではこれを材料にすでに「大喜利」も始まった。

  • 「ボーズラブ」は「女性たちを虜にする快楽装置」?
    「ボーズラブ」は「女性たちを虜にする快楽装置」?

著者「それにしても『ボーズラブ』って!」

   誤植が見つかったのは、2015年6月17日付け毎日新聞東京版朝刊1面に掲載された広告。6月6日発売の新刊「BL進化論 ボーイズラブが世界を動かす」に関し、「BL進化論 ボーズラブが世界を動かす」と表記されていた。

   いうまでもなく「BL」は「ボーイズラブ」の略語で、男性同士の同性愛をテーマにした作品ジャンルを指す。ただ、作者も読者も女性の場合がほとんどだ。

   同社ホームページでもサブタイトルは「ボーイズラブ」と紹介されており、明らかに1字抜けている。

   17日、朝刊に目を通した人からツイッターで

「あれBLってボーズラブだっけか...坊主?」
「BL(ボーズラブ)とは?」

と指摘が相次いだ。

   一方、太田出版は取材に対し、「社員の新聞チェックで誤植に気付いた」と明かす。著者・溝口彰子さんも17日、太田出版側からお詫びの連絡があったとツイッターで報告しつつ、「それにしても『ボーズラブ』って!」とツッコんでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中