2019年 1月 20日 (日)

夏の風物詩「東京湾大華火祭」が今年限りで休止 原因は五輪の選手村設営工事、惜しむ声が多数寄せられる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   27年にわたり8月の東京の夜空を彩った「東京湾大華火祭」(以下「大華火祭」)が、2015年を最後に休止する。「大華火祭」開催地の東京・晴海(中央区)周辺で、東京五輪の選手村を設営する工事が近々始まってしまうためだ。

   ネット上には惜しむ声が続々寄せられ、中央区の担当者も「本当に残念です」と口にする。

  • 今年が「見納め」か?(画像はイメージ)
    今年が「見納め」か?(画像はイメージ)

地元は「オリンピックなら仕方ない」と納得

   「大華火祭」は、毎年8月の第2土曜日に行われている花火大会。民間企業などで作る実行委員会と中央区の主催で1988年に始まり、2015年8月8日で27回目を迎える。晴海埠頭公園や晴海埠頭沖に浮かべた船の上から約12000発の花火が打ち上がり、観覧場所となる晴海埠頭周辺に例年約70万もの人々が集まる。隅田川花火大会や神宮外苑花火大会と並んで、東京の代表的な花火大会の一つだ。

   そんな「大華火祭」が、東京五輪の都合で15年を最後に休止する。そんな噂が数か月前からネット上に流れていた。これをめぐり、中央区議会議員の田中耕太郎さんや青木かのさんがツイッターで、今年最後になる可能性が高い、と通知。一部新聞も「今年で見納め」と報じたため、より現実味を帯びた。

   東京の夏を象徴する行事だったこともあり、ツイッターなどに、

「えーーー!!楽しみにしてたのに‥」
「寂しいよね」

と惜しむ声が続々寄せられている。

   果たして休止は決定しているのか。中央区の担当者はJ-CASTニュースの取材に「本当残念なんですけども」と前置きし、「今の形で実施するのは今年で最後です」と明かした。理由は、五輪選手村の建設で会場の確保が難しくなるためだ。区内には数十万人を収容できる規模のオープンスペースが晴海地区以外残されておらず、今後、区主催という形での開催は難しくなる。

   惜しむ声は寄せられていないか、という記者の質問には、「経済効果が大きかったため残念がる地元の方々も多いですが、皆さん『オリンピックなら仕方ない』と納得しています」という。ただ、今後継続できるのかどうかは「全く白紙状態」。東京五輪後も存続しているかどうかは、分からないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中