2018年 7月 21日 (土)

白鵬、またダメ押し 審判部から苦言

印刷

   2015年7月20日、大相撲名古屋場所9日目で白鵬が逸ノ城にダメ押ししたことをめぐり、土俵下で審判長を務めた藤島審判部副部長(元大関武双山)は「見苦しいでしょう。番付が一番上の力士だから、見本になるような立ち居振る舞いをしないと」とくぎを刺した。

   白鵬は土俵を割った逸ノ城に対し、のど輪のようにあごを下から突き上げてダメ押しした。14年の九州場所でも照ノ富士をダメ押しして物議をかもした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中