2021年 3月 6日 (土)

九州新幹線「新玉名駅」ホームを無人化へ 全国初、JR九州の大胆決断に賛否

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新幹線も無人ホームの時代?――JR九州は九州新幹線の新玉名駅(熊本県玉名市)でホームを無人化する計画を進めている。

   10月をめどに乗降時の安全を確認する駅員を廃止する予定。新幹線の駅ホームに駅員を配置せず、無人にするのは全国初だという。

  • 「本当に安全な運行ができるか」など、注目すべき点は多い
    「本当に安全な運行ができるか」など、注目すべき点は多い
  • 「本当に安全な運行ができるか」など、注目すべき点は多い

気になる安全対策だ

   九州新幹線は博多から鹿児島中央まで12駅あり、新玉名駅の乗降客は1日1000人程度と決して多くはない。停車本数も朝夕以外は1時間に上下1本ずつで、停車するのも車両編成が6両や8両と短い。こうした条件に加え、ホーム構造もほぼ直線で安全を確認しやすい構造となっていることから、JR九州は無人化しても支障はないと判断した。

   新玉名駅は現在、上下ホームに駅員1人ずつの計2人が配置され、新幹線の車両後方の車掌と一緒に乗降時の安全確認のほか、線路への転落を防止するホームドアの開閉などを担当している。無人化後は車掌が1人でこれらの作業を行うことになる。

   利用者にとって、駅員廃止による影響として最も気になるのは安全対策だろう。この点についてJR九州は、ホームを確認できるカメラやモニターを増設したり、線路への転落を検知するマットを設置したりして対応するという。新玉名駅を皮切りに、ほかの駅にも無人化を広めたい考えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中