2020年 10月 27日 (火)

アーティストは政治的発信控えるべきなのか ミスチル桜井の過去発言が突如注目される

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   人気バンド「Mr.Children」のボーカル、桜井和寿さんが過去の雑誌インタビューで語った内容がここにきて注目を集めている。

   ミュージシャン達が自身の主張をライブなどで語ることに違和感を示した部分で、発言を引用したネット記事が2015年8月15日に公開されたことで突如話題にのぼることとなった。

  • ライブMCでミュージシャンの主張、聞きたい?聞きたくない?(画像はイメージ)
    ライブMCでミュージシャンの主張、聞きたい?聞きたくない?(画像はイメージ)
  • ライブMCでミュージシャンの主張、聞きたい?聞きたくない?(画像はイメージ)

「自分は音楽に対して向き合い、誠実でいたい」

   記事は、ミスチルファンという20代ライターのさのゆう氏が桜井さんの過去の発言や行動をもとに「なぜ桜井さんは政治的な発言をしないか」を分析したもの。

   同ライターは「他のアーティストはライブなどで自らの主張(戦争反対、原発反対など)を語ることも珍しくないですが、決して桜井さんはこの手の主張を表明しません」と説明した上で、桜井さんが2007年に邦楽専門誌「ROCKIN'ON JAPAN」のインタビュー中で次のような趣旨の発言をしていたと紹介した。

「ミュージシャンがライブ会場などでメッセージを発信することもあるが、彼らが信頼されてるのは音楽があってこそ。なのに自分自身が信頼されていると勘違いし、言葉を発信するのは謙虚ではない」
「自分は音楽に対して向き合い、誠実でいたい」

   また、自身が深く関わっている環境問題をテーマにした野外音楽イベント「ap bank fes」についても「自身がメッセージを発信することはap bankでも求められているかもしれないが、MCで環境問題のことを話すことはもってのほか。なんとしてでも音楽で解決したかった」などと語っていたという。

   直接的な政治主張は避け、あくまでミュージシャンとしての音楽表現を通じて何かを感じてもらいたい、という思いがあるようだ。発言は8年も前のものにもかかわらず、ネット上では大きな反響を呼んだ。

「ただのリスクヘッジ」
「こうやって安全圏から出ようとしないのは糞ダサい」
「『MCで政治を語る』よりも『音楽に政治を語らせる』方が不誠実、という見方もあったりする気もする」

という反対意見もあるが、同意する声も多く、

「そうなんだよね、音楽家は音楽で語るべき」
「音楽家や作家は皆こういうスタンスでいてほしいと思う」
「アーティストの政治的発言なんて求めてないし、カッコわるいと思ってた」

といった意見が相次ぎ寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中