2019年 8月 25日 (日)

東大生が泥酔死亡事故をネタに不謹慎コンパ 批判受け、学内コンプライアンス委員会が調査開始か

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   東大生が3年前の泥酔死亡事故をネタにしたオフ会を開き、ネット上で批判が相次いでいる。これを受けて、オフ会を企画した学生の指導教授は、学内コンプライアンス委員会が調査して対応する見通しを明らかにした。

   3年前の事故では、東大のテニスサークルが花火大会の場所取りを兼ねたコンパを東京都内の隅田公園で行い、2年生男子学生が泥酔して翌朝までに亡くなっている。

  • 何を考えてオフ会を?(写真は記事と関係ありません)
    何を考えてオフ会を?(写真は記事と関係ありません)

亡くなった学生の遺影を飾り、土下座のポーズも

   コンパでは、参加者がフォークダンス「マイムマイム」を歌い踊り、一区切りすると誰かが焼酎「大五郎」をラッパ飲みする形式だった。亡くなった学生の両親は2015年7月22日、長時間にわたり放置したとして、参加者21人に総額約1億7000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていた。

   オフ会は、東大薬学部の5年生男子学生がその直後に企画し、イベント告知サイトで参加者を東大生限定で募った。

   「マイムマイムオフ」と名付け、8月20日夕から隅田公園で、集まった東大生7人でコンパを行った。告知サイトでは、「参加者が車座となってマイムマイムを歌い踊り、順番に輪の中央に置いた焼酎『大五郎』(アルコール度数25度)をラッパ飲みするオフ会です」と紹介していた。

   7人のツイートに載った画像を見ると、亡くなった学生の写真を流したテレビ画像をプリントして遺影のように飾り、それに向かって土下座するようなポーズを取るなどしていた。

   オフ会では、かなり酒を飲んで酔ったらしく、踊りながら「これキツい」「死ぬ」などと言い合っていたという。参加者の1人は、「『俺ら不謹慎wwww』って笑ってるDQNの溜まり場なう」「マイムマイムオフ、酒!!煙草!!セックス!!って感じだ」などとツイートしていた。企画した学生は、「サークルのコンパで泥酔し意識不明になって死亡しそう」「結論:マイムマイムを歌いながら飲むのは危険」などとつぶやいていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中