2018年 9月 23日 (日)

東急3路線の運転見合わせ 原因は「信号機器室のブレーカー落下」

印刷

   東急電鉄は2015年8月25日、同日午後6時半頃に東横線など3区間で発生した信号トラブルについて、信号機器室のブレーカー落下が原因だったと発表した。

   各種報道によると、今回異常が発見されたのは東横線都立大学~田園調布駅間の踏切、目黒線奥沢~田園調布駅間の踏切、多摩川線多摩川駅にある信号機器室。

   東横線、目黒線、多摩川線が約3時間45分にわたり運転見合わせとなったほか、東急電鉄の各線が乗り入れる東京メトロ南北線、副都心線、日比谷線、東京都営地下鉄三田線、みなとみらい(MM)線にも遅れや運転見合わせが生じ、帰宅客ら計約36万人に影響が出た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中