2018年 8月 17日 (金)

米で生中継中に銃撃、記者ら2人死亡 容疑者は自殺

印刷

   米南部バージニア州で2015年8月26日朝(日本時間26日夜)、ニュース番組の生中継中に地元テレビ局の記者とカメラマンが男に銃撃され、いずれも死亡した。

   ロイターなどによると、撃った男は同じテレビ局に勤めていたべスター・フラナガン容疑者(41)。現場から逃走したが、警察の追跡を受け、追い詰められたところで自殺した。

   死亡したのは女性記者のアリソン・パーカーさん(24)とカメラマンのアダム・ワードさん(27)。パーカーさんがインタビューをしている際に発砲があり、8回程度の銃声が聞こえた。

   なお、フラナガン容疑者のものとみられるツイッターには、銃撃の様子を撮影した動画や、自らが人種差別を受けたなどとする死亡した2人に対する不満も書き込まれていたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中