「すき家」が常総市の被災地で炊き出し決行 牛丼、たまごかけごはんが振る舞われる

印刷

   牛丼チェーン「すき家」が2015年9月11日から13日にかけ、大雨被害に見舞われた茨城県常総市の避難所で炊き出しを実施した。同チェーンを運営するゼンショーホールディングスが14日に発表した。

   実施場所は、茨城県常総市市民福祉センターふれあい館や水海道小学校などの各避難所。キッチンカーを使い、3日間で牛丼やたまごかけごはん朝食など計3359食を提供した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中