2018年 8月 17日 (金)

コンビニの「健康な食事マーク」、事実上の撤回に

印刷

   栄養バランスが取れたコンビニやスーパーの弁当などに「健康な食事」の認証マークをつける問題で、2015年9月、厚生労働省は制度を見直して個別の商品にマークを使わないことを決めて、都道府県などに通知した。

   「健康な食事マーク」は、日本人の長寿を支える観点から、弁当や総菜などのうち厚労省の定めた栄養バランスや総カロリーの基準を満たしたものに認証を与え、消費者が健康にいい食事を選びやすくするのが狙い。認証マークのデザインも決まり、2015年4月からあちこちでお目にかかるはずだった。

   ところが、同年1~2月の意見公募では、厚労省の決めた基準に対し、多くの関連団体から反対の声が上がった。「玄米が2割も占めると、白米の生産に影響が出る」(自民党の農林水産関係団体)、「食塩が1食当たり3グラム未満では、梅干しや漬物が入れられなくなる」(惣菜製造業界)などだ。弁当製造業者の自己申告ということもあって、「そもそも基準を満たしているのかどうか、誰がチェックするのか」「認証マークのない弁当は不健康というイメージを与える」という批判もあがり、4月実施を延期していた。

   今回の通知は、「健康な食事マーク」制度の事実上の撤回とみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中