2020年 9月 28日 (月)

安倍首相、何を食べても感想は「ジューシー」 ネットで「語彙の少なさ」を揶揄される

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   訪問先や視察先、その他イベントで地方の特産品を口にする機会の多い安倍首相だが、食後に語るのは「ジューシー」という感想ばかり。これに対し、ネットでは「感想がワンパターンすぎる」という声も出ている。

   「ジューシー」という感想はトマトやキュウリといった野菜、桃やブドウなどの果物だけでなく牛肉にも使われていた。

  • 桃を食べても肉を食べても「ジューシー」(2015年5月撮影)
    桃を食べても肉を食べても「ジューシー」(2015年5月撮影)
  • 桃を食べても肉を食べても「ジューシー」(2015年5月撮影)

「甘くてジューシー」「とってもジューシー」

   過去の新聞記事を見ると、「ジューシー」という表現は2014年7月17日に初登場している。この日、福島県産の桃を宣伝する「ミスピーチ」に選ばれた女性2人が首相官邸を訪問。安倍首相は「ミスピーチ」から贈られた桃を試食し、「甘くてジューシーだ」と語った。

   「ジューシー」は翌18日にも飛び出す。山梨県の観光大使「やまなし大使」を務めていた萩原智子さん(当時)らの表敬を官邸で受け、同県特産品の種なしブドウ「シャインマスカット」を試食した時のこと。首相の口から出たのは「ジューシーですね。おいしい」という感想だった。同じ果物で言うと、15年6月11日にも茨城県鉾田市の観光大使「ほこたブランド大使」が官邸に持参した同市産メロンを食べ、「甘くて、とてもジューシーだ」と絶賛している。

   野菜や牛肉を食べても「ジューシー」という表現は欠かさない。14年7月24日、首相は東京電力福島第一原発事故の風評被害を払拭するため結成されたキャンペーンクルーと官邸で面会する。そこで福島県産のキュウリとトマトを食べて「とてもおいしい。ジューシー」。15年2月26日に神奈川県の「三浦半島酪農組合連合会」が官邸を訪れ、ブランド和牛「葉山牛」のローストビーフとビーフジャーキーをふるまった際は「深い味わいでおいしい。非常にジューシーだ」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中